スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
しっとりヘアコンディショナー
2007 / 03 / 05 ( Mon )

今日の講座では、ヘアコンディショナーを作りました。

カメリアオイル(椿油)と、パーム油由来のグリセリンと乳化ワックス、
柑橘類やサツマイモを原料とするクエン酸などを、使います。

クエン酸は、石けんシャンプーで弱アルカリ性になった髪を、
本来の弱酸性に戻してくれます。
「石けんシャンプーを使いたいけれど、髪がきしむ」という悩みを解決。

お湯にクエン酸を溶かすだけでも、充分ですが、
ちょっと手を加えて、ぷるぷるなめらかコンディショナーに。

精油は、ローズマリークラリセージシダーウッド
頭皮のトラブルを改善して、育毛を促進する作用がある精油です。

艶やかでサラサラな髪を目指します。


カメリアオイル         10ml
グリセリン            5ml
パーム乳化ワックス    2?3ml     
精製水           100ml 
クエン酸            10ml     
キサンタンガム         1g
ローズマリー精油      5滴
クラリセージ精油      3滴
シダーウッド精油      2滴


1 ビーカーにカメリアオイルとパーム乳化ワックスを入れて、溶けるまで湯煎する。
2 別のビーカーに精製水を入れ、クエン酸とキサンタンガムを加えて湯煎する。
3 1が溶けて、2が同等の温度になるまで待つ(60?70度)。
4 1が溶けたらボールに入れ、2を少しずつ加えながら泡立て器でよく混ぜる。
5 全部が混ざり、ぷるぷるの状態になり、あら熱が取れたら、
  精油とグリセリンを入れて混ぜる。
  ※ 1?2週間で使いきりましょう。

                                                    お気に入りに追加

                            → ☆ 精油を安全に使うために
                            → ☆ レシピに使用の精油はこちら


精油を使った手作りコスメ

アロマテラピーを習い始めた頃、
私にとって一番の楽しみは、『好きな香りで作れること』でした。

アイシスガイアネットの活動に参加させて頂き、
お化粧品やボディケア製品に含まれる成分を考えるようになって、
手作りコスメの意義を、別の点からも感じるようになりました。

石油を原料とする化学物質の弊害が問題視されるようになる中、
食品だけではなく、身の周りのケアにも、
できれば安心で安全な製品を使いたいものです。

現代では、
石油系化学物質を含むコスメやボディケア製品が、主流。

けれども、昔は…? と考えると、
自然の力が、今よりもっと女性の美に活用されていたはずなのです。
そして、その中心にあったのは、植物の力。

そう考えると、アロマテラピーという方法で、
100%ピュアな植物のエッセンスを手にすることができること、
意外と手軽に生活に活用できること は、
『香りを楽しむ』のはもちろんですが、さらに嬉しいことです。

今回の講座で作った、ヘアコンディショナーもそのひとつ。

合成界面活性剤を含むヘアケア製品についての、ちょっと恐ろしい話
を耳にしたりしますと、
特に女性は、次の世代への直接的な影響を考えて気を配ることが大切…
と感じます。

時折でも、天然素材でシンプルに自分のために手作りをする安心感は、
気持ちがいいものです。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

21 : 55 : 34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<笑顔が風にもどる瞬間(とき) | ホーム | 天然香料だけで作る パフューム>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://puamana.blog63.fc2.com/tb.php/235-0e05a07f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。