FC2ブログ
横浜・本牧・三渓園
2007 / 05 / 04 ( Fri )

              20070504183040.jpg



20070504183054.jpg
横浜、本牧にある三渓園。

明治時代に、生糸貿易により財を成した実業家、
原三溪が創った庭園。

綺麗な藤の花が咲いていました。


20070504183117.jpg
春には、桜、山吹、シャガ、サツキ など
夏には、紫陽花、芙蓉、蓮 など
秋には、萩、彼岸花、紅葉 など
冬には、椿、梅 など

年間を通して、美しい花を楽しむことができます。


20070504183131.jpg
原三溪の住まいでもあったこの場所は、
1902年(明治35)に造成が開始され、
1906年(明治39)に公開されました。

175,000m2に及ぶ園内には、
京都や鎌倉などから移築された歴史的建造物が
配置されています。


原三溪は、幼少の頃から絵、漢学、詩文を、
東京専門学校(現在の早稲田大学)で、政治と法律を学ばれたそうです。
実業家以外にも様々な面を持ちあわせ、
近代日本画家の支援も行い、ご自身も書画をたしなまれたとか。

園内の茶処のひとつ、『待春軒』で、
美食家だったという三溪がお客様のおもてなしにと考案した、
三溪麺を頂くことができるそうです。
次回、紫陽花の頃に行って、頂いてみようと思います。


        20070504183145.jpg    20070504183158.jpg

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

22 : 25 : 56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<衣替えにも精油が活躍 | ホーム | チューリップが満開>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://puamana.blog63.fc2.com/tb.php/260-ae74770b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |