十三夜の香水
2007 / 07 / 27 ( Fri )

講座の最終日には、いつもセルフ・パフュームを作ります。

天然の香料・精油を使って作る自分のための香り。
受講して下さる皆さんの、個性あふれる世界でたったひとつの香水。
とても素敵な香りたちが生まれます。

昨晩久しぶりに、私も自分のために作りました。

ビーカーにアルコールを注ぎ、精油を一滴ずつ加えます。
香りを見ながら更に精油を足していきます。
大切に小瓶に詰めました。
しばらく熟成する期間に、まろやかな優しい香りになります。

使った精油は、13種類。
旧暦の毎月13日は、十三夜。
昨晩は、ちょうどその日。

13種の精油で作った、十三夜の香水です。

バイオレットリーフ、ラベンダー・ファイン、アイリス、コリアンダー、
プチグレン・オレンジ、オレンジ・スイート、クローブ、ダマスクローズ、
蘇合香、フランキンセンス、バニラ、ジャスミン、サイプレス。        

ブグロー名前もつけました。
Psyche(プシュケ)。

ギリシャ神話で、『魂』や『蝶』を意味するとされる女神の名前。
アフロディテに嫉妬されたという絶世の美貌の女性。
数々の試練を乗り越えて一途な愛を貫き、
後に女神の仲間入りをしたと言われます。

歴史の様々な場面で変わらずに煌めき続ける、天然の香りたち。
『ときめきの瞬間と、永遠の信頼』の意味も込めて。

※ 絵は、ウィリアム・アドルフ・ブグローの描いたプシュケとキューピット。
  大好きな絵です。



                             → ☆ 精油を安全に使うために
                             → ☆ レシピに使用の、南仏発・オーガニック精油のご紹介

テーマ:アロマ・リラクゼーション - ジャンル:ヘルス・ダイエット

22 : 03 : 39 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<レインボー・フォールズ | ホーム | 台風 地震 精油>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://puamana.blog63.fc2.com/tb.php/283-32c1baba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |