FC2ブログ
地球交響曲第六番
2007 / 09 / 03 ( Mon )

gaia2







地球交響曲(ガイアシンフォニー)第六番
の上映会に行きました。


最初にこのシリーズを知ったのは、10年前。
第二番のサウンドトラックCD、そして第三番のサウンドトラックCDを購入し、
その後、映像を見るようになりました。

いつも感じる静かな安定感。
美しい 音、音楽、映像、メッセージ。
風や雲や空や緑や海や川や人や、音さえも、
きらめくその瞬間をとらえた画面に釘付けになります。

身体の内側の深い部分がリラックスするような、
硬くなって重くなって突っ張っていたものが解きほぐされて行くような、感覚。

心が、まるでお風呂上がりのように、つるんと浄化されて温かくなります。

今日も、見終わる頃には、
「地球と繋がっていたら、大丈夫かな」なんて、漠然と思っていました。
一瞬でもそう思えることの幸せ。

第三番に挿入されて、第六番にも挿入されている歌、
THERE IS A SHIP がとても好きです。
説明がつかないのですが、何度聞いても何故か懐かしい想いがして心が震えます。
(元は、Peter Paul & MaryのCDに収録されていた歌です)

地球交響曲(ガイアシンフォニー)は、全国各地で上映会が開かれています。
よろしければぜひいらしてみて下さい。

私もまた、上映会を見つけて行きたいと思っています。


------------

地球交響曲(ガイアシンフォニー)第六番 ? 全ての存在は響き合っている ?
   出演者の方々(ホームページより転載させて頂きます)

ケリー・ヨスト
1940年アメリカ・アイダホ州ボイシー生まれ。
6歳よりピアノを始める。
アイダホ大学で音楽と哲学を専攻。
2000年『地球交響曲第四番』にフィールドの『ノクターンNo.1』が、
2004年『地球交響曲第五番』ではバッハの『プレリュード第一番』とパッヘルベルの『カノン』が挿入曲として使われた。
彼女の音楽の源泉である、アイダホの自然環境保護運動においても中心的な役割を果たしている。

ロジャー・ペイン 
1935年、ニューヨーク生まれ、ハーバード大卒、
コーネル大で“音で世界を見る動物”コウモリやフクロウの研究で博士号を得た。
1967年、初めてザトウ鯨と出会い、鯨と海の環境保護をすすめる団体、“Ocean Alliance”を設立。
当時彼が出版したCD「ザトウクジラの唄」は世界中で400万枚を超える大ベストセラーとなった。
調査船「オデッセイ号」に依る海洋調査航海は延べ100回を超える。
2005年、5年間に渡るマッコウクジラの体内に蓄積するPCB汚染の調査を終え、間もなく結果を世界に公示する。

ラビ・シャンカール
1920年インド・ベナレス生まれ。
67年国連人権週間で、ユーディ・メニューインと共演。
60年代、モントレー、ウッドストックなどのフェスティバルに出演。
ニューエイジの若者達に圧倒的な支持をうける。
74年インド音楽の原点に回帰する運動を開始。
以後、世界の音楽家、政治家、経済人と交流を深める。 
                                                …… 他


テーマ:日記 - ジャンル:日記

00 : 09 : 40 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<9月と10月の講座 | ホーム | マリクレール 10月号で>>
コメント
--とっても興味あります☆--

近くで上映されたら、ぜひ観たいです☆
音楽も素晴らしそォ~♪
CD求めようと思います☆
今の私にとっても必要なものかもしれません(*^v^*)
by: Bambi♪姫 * 2007/09/03 08:54 * URL [ 編集] | page top↑
----

もう、第6番までになったんですね。

1の頃から知ってるけど、一回も観にいったことがない(笑)

瀧村さんが書いた本は読んだな。

音楽とかもきれいですよね。(たぶん私の持ってるのは2だったと思う)

タイトルがいいですね「すべての存在が響きあっている」
by: ちえみ * 2007/09/03 18:36 * URL [ 編集] | page top↑
----

Bambi♪姫 さん
こんにちは。
選曲が、とても素晴らしく心に染みます、
よろしければCDお聴きになってみてくださいね。
お越し下さいましてありがとうございます。

ちえみさん
コメントを頂きありがとうございます。
ほんとうに音楽もいいですよね。
私も第二番のCD、とても好きです。

by: いいじまりえこ * 2007/09/04 22:17 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://puamana.blog63.fc2.com/tb.php/295-46bd850a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |