薔薇の季節に…、リニューアル
2008 / 04 / 26 ( Sat )

SM151_L.jpgDE015_L.jpgAC161_L.jpg

日差しが暖かく、たくさんの花がきれいに咲く季節になりました。
まもなく5月、バラの花も満開になります。

私が住んでいる横浜市の花は、バラ。

昨年生まれたトイプードルのケイティと、
港の見える丘公園のバラ園にお散歩に行くのが待ち遠しいです。

-------------

そんなバラの季節に…、
プロデュースをしているコスメ ローズプリンセス をリニューアルすることになりました。
トライアルキャンペーンも始まりました。

ピュアダマスクローズの精油はもちろん、ハワイ島海洋深層水と、和漢薬草&西洋ハーブが30種類。
石油化学系合成成分は一切無添加の美容液です。

      ◆◆◆◆肌にも環境にもやさしいコスメでスキンケア◆◆◆◆

ローズ2 古くから世界中の女性に愛され、美を作り続けてきた薔薇の力。
   特に、アロマテラピーでも精油の女王と言われるダマスクローズは、
   毛細血管の弾力を高め、シミやシワに効果的と言われています。
   ピュアなダマスクローズの精油とローズウォーターをたっぷりと配合しました。
   優美な香りで心まで華やかに! 
   ハワイで【天国の薔薇(ロケラニ)】と呼ばれる薔薇のルーツでもあります。 

やし ハワイ島・カイルアコナ沖の水深915mに眠る、海洋深層水。
   日本初、このハワイ島海洋深層水を100%ベースに使ったコスメです。
   2000年もの永い時をかけて世界の海底を旅した水は、ミネラルをたっぷり含んでいます。
   美しい大自然の中で深呼吸をするように、肌もストレスから解放してあげて下さい。

クローバー 薬草や香草と呼ばれる薬用植物たち。
   エジプト、ギリシャ、ローマ、インド、中国など、古代から世界の各地で利用されてきました。
   石油化学系合成成分ではなく、長い歴史を持つ植物の力で安心スキンケア。
   ローズマリー、セージなどの西洋ハーブエキスと、ブクリョウ、タイソウなどの和漢植物エキスを、
   あわせて30種類。女性の肌にとても効果的な植物を選りすぐりました。

Brilliant. 石油系合成界面活性剤 合成防腐剤 合成ポリマー 鉱物油 合成香料 合成色素 … 
   もちろん すべて無添加です。
   植物エキス抽出溶剤にまでこだわり、石油系溶剤ではなく植物性アルコールを使用。
   石油化学系合成成分を排除して素肌を守ります。
   
   化粧品の成分表示を理解するのはとても難しいものです。
   配合されていない化学合成成分の一部だけが強調されているケースも多くあります。
   ローズプリンセスは、しっかり天然由来の成分のみで作りました。 
  
   防腐効果も合成防腐剤ではなく、植物エキスを使いました。 
   また、旧表示指定成分の防腐剤および、旧指定成分に指定されていない防腐剤
   (ベンチレングリコール、BG、フェノキシエタノールなどの多価アルコール系の成分)も
   一切使用していません。

niji 海藻由来のジェルを使用しました。
   合成ポリマーを使用せず海藻由来の成分でナチュラルなジェルを作りました。
   皮膚呼吸を妨げることなく、肌にやさしく保護膜を作り保湿力を保ちます。

ふたば 肌本来の機能を取り戻させてくれる自然の恵みがたっぷり。
   乾燥、クスミ、肌荒れなど、ストレスや加齢による肌のトラブルを防いで、
   みずみずしく透明感のあるキメ細かい肌へと整えます。

 ホームページを一新しました。  
        ネーミングの由来も載せました。
 ぜひご覧下さい。
   
  天然ジェル美容液 ローズプリンセス  http://roseprincess.net



                           にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ e_02.gif
                            ↑
                 お役にたちましたら応援クリックをお願いします♪人気ブログも検索できます。

テーマ:ダイエット&ビューティー - ジャンル:ヘルス・ダイエット

10 : 29 : 57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<8/4の東京新聞の家庭欄に | ホーム | ハンドマッサージ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://puamana.blog63.fc2.com/tb.php/342-05127104
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |